浮気癖のある彼を夢中にさせるLINEの送り方

彼を夢中にさせるLINEの送り方をお教えします。

行間を読み取って相手のペースに飲まれないこと

121113_Line.jpg
メールより高機能で使いやすいラインでの彼とのアクセス、積極的なやり取りの方法ですが、これは単純に男女に言える事ですが極端にマメであるか、全くマメでないかに分かれる傾向が強いでしょう。

一応、既読となって読まれているけど、返信は彼氏からはなかなか来なくて困っている、悩んでいる女性も多いかと思われますが、ここで大切なのは相手の呼吸をうまく読み取ることであり、いわば最適なペースを捉えるという言い方にも出来るでしょう。返信がなくとも小まめに送っても負担に思わない、嫌だな、鬱陶しいなと思われない相手か否かをまず見極める必要性があるでしょう。

そこで送っても大丈夫なメールであれば、コツコツその後もラインを送ってもなんら問題はないでしょう、単なる筆不精なだけの可能性が強いからです。 しかし、逆にしつこいから送ってこないでくれという彼であるなら、 小まめに送るのは逆効果なので、一定の間隔を空けて様子を見ることにしましょう。

それは最低でも3日間は空ける、それでもダメなら5日~一週間程度は間隔を一度開けてみることを勧めます。便利なそして手軽なツールゆえに、相手との距離も縮めやすいのですが、 相手との距離感と間隔を誤ると、これほど迷惑ツールにも変貌してしまうモノもそうないので、使い方には十分に注意です。

内容は軽めにライトな文章で

また、距離のいくらか必要な男性と距離を縮めるためのラインの段階であるならば、あまり不必要なスタンプやべたべたした絵文字は、そこまで使用しない方が良いと言えるでしょう。男性はあまり女性の感覚のかわいい絵文字スタンプをそこまで好まない傾向の男性も、一定数は存在するので、そういった相手方の好みと出方も数少ない ライン返信から読み取るよう注視してみましょう。

ひとつのラインの吹き出しからも、あまり長文のメッセージは重たいので、比較的ライト
であり短めの文体の方が好まれる傾向もあるので、細かくある程度区切りながらメッセージのやり取りを進めるよう心がけましょう。

浮気でお悩みのあなたへ~別れさせ屋や探偵を雇う前に

このページの先頭へ